ホーム > 女性の健康Q&A
元気読本をご自宅にお届けします
元気読本を一緒に作りませんか?編集・デザイナー募集
病院関係者の方はこちら。患者様サービスのご案内

 

女性の健康Q&A 読んでナットク女性の不安に


女でよかった、と実感するために 40代からの女性のための健康対策

 「小さじ一杯分」―。これが一生の間に分泌される女性ホルモンの量です。こんなわずかな女性ホルモンが、女性らしさをつくるとともに女性特有の悩みを生み出しているのです。エストロゲンという女性ホルモンの分泌量は、長い一生の中で大きく変化することで、女性の健康度を左右しています。皮下脂肪がつきはじめ、初潮を迎える思春期を経て、エストロゲン量が増え始める20~30代にかけては元気いっぱいで肌の調子も絶好調。30代半ばのピークを過ぎると、除々にその量は減り始め更年期前後には身体の不調を実感し、女性ならではの病気にかかりやすくなっていきます。高血圧、腰痛、めまいなどがその例です。30代から増え始める乳がん、自律神経失調による便秘や冷え、体質だとあきらめている乾燥肌も女性ホルモンが影響しています。エストロゲンの働きを知り上手につきあうことで、不調や病気が気にならなくなり身体の変化に対処することができるのです。

「40代からの女性のための健康対策」を詳しく見る

 

happy 妊婦ライフのススメ 妊婦さんのための健康対策

自分の身体の中に新たな命を宿した瞬間から、女性は妊婦としての生活をスタートさせます。大きな喜びを感じる一方、日々起こる身体の変化や不調に不安を感じるヒトも多いかもしれません。
妊娠中は、女性ホルモンの分泌が急激に変化し、身体や心が戸惑い、バランスを崩すことがあります。その結果、急激に体重が増加したり、手足がむくみやすくなったりする他、精神的にも「ちゃんと母親になれるのだろうか」、「出産の痛みに耐えられるだろうか」と不安な気持ちになったり…。
妊婦さんが良く疑問に思うことについての様々な対策をご紹介していますので、早め早めの対策を心がけ、元気でHappy♪な妊婦ライフを始めましょう。

「妊婦さんのための健康対策」を詳しく見る